2021年2月のキャンペーン情報はこちら

【2021年2月】スタディサプリキャンペーン!お得に始めるなら今!

スタディサプリをはじめるならお得なキャンペーンを是非利用しましょう!

スタディサプリを迷っているくらいなら、まず実際に使ってみましょう。

手持ちのスマホやパソコンで利用ができ、無料トライアル期間もあるので負担無しで無料体験ができます。

キャンペーンを利用するには、クレジットカードの登録が必要です。
あらかじめ用意をしてから手続きを進めましょう。

クレジットカードの登録をしても、無料期間内に解約をすれば費用はかかりませんのでご安心ください♪

こちらのバナー、ボタンからスタディサプリのWEBサイトへ!

目次

2021年2月のスタディサプリのキャンペーン

2月のスタディサプリのキャンペーンは下記になります。

小学生講座対象

2週間無料体験
テキスト5冊分のクーポンがもらえる

中学生講座対象

ー ベーシックコース ー
2週間無料体験
テキスト5冊分のクーポンがもらえる

ー個別指導コースー
2週間無料体験
テキストや単語帳などのSTARTセット

高校講座対象

ー ベーシックコース ー
2週間無料体験

ー合格特訓コースー
2週間無料体験

スタディサプリのキャンペーンを利用するための注意点

スタディサプリのキャンペーンを利用するには、Webサイトからの申し込みが必要です。

スタディサプリはスマホ用のアプリが用意されています。でも、キャンペーンを利用するなら必ずWebサイトから申し込みをしましょう。

AppstoreやGooglePayでスタディサプリのアプリをダウンロードしてスタディサプリを利用開始をすることもできますが、アプリからの利用申し込みの場合キャンペーンは利用することができません。

スマホからの場合、必ずSafariやChromeなどいつもWEBサイトを見る時に使うソフト(ブラウザソフト)を使ってスタディサプリ  のサイトを表示させて申し込みを進めてください。

ブラウザから申し込みをしても、登録時に使用したIDとパスワードを使えばスタディサプリのアプリも利用することができます。

iPhoneなどApple社の製品(iOS)からアプリを使って申し込んでしまうと、月々1,980円で利用できるスタディサプリが2,800円になってしまう支払い方法もあります。(AppleStore決済を利用した場合)

スタディサプリのキャンペーン参加にはクレジットカードの登録を!

スタディサプリは支払い情報を登録しなくても、会員登録をし利用開始をすることができます。(無料会員となります。)

スタディサプリの無料会員登録をした場合、無料で利用できるのは各講座の第1講のみです。

どの講座も第1講は講座を利用するための注意点やポイントなどのオリエンテーションがほとんどです。

会員登録時に支払い情報としてクレジットカードを登録すれば、有料会員としての登録ができます。

クレジットカードを支払情報として登録をし、有料会員になれば無料体験期間中は全ての講座を制限なく視聴することができます。

無料期間中に有料会員の解除設定をすれ料金が発生することはありません。

スタディサプリでは無料期間が終了するまでに、有料会員の登録を解除すれば料金が発生することはありません。

あわせて読みたい
スタディサプリの解約・利用停止・退会の仕方は?無料体験期間中だったらどうすれば?
スタディサプリの解約・利用停止・退会の仕方は?無料体験期間中だったらどうすれば?スタディサプリを使ってみたけど合わなかった。期待していたものと違った。という場合もあるかもしれません。スタディサプリは簡単に解約などができるようになっていま...

継続して利用する場合には、会員登録の内容は特別変更する必要はありません。無料期間が終了すると料金が発生するようになります。

無料体験が通常(1週間)よりも長く設定されていて、キャッシュバックなどにも参加できるのでクレジットカードを登録した有料会員の登録がおすすめです!

こちらのバナー、ボタンからスタディサプリのWEBサイトへ!

2021年2月スタディサプリ小学講座のキャンペーン

小学生講座対象

2週間無料体験
テキスト5冊分のクーポンがもらえる

スタディサプリ小学講座では、クレジットカードの支払い登録で14日間の無料体験を利用することができます。

2週間無料体験の注意点
  • 継続利用しない場合には、2週間の期限が来る前に有料会員の登録を解除すること(退会方法

さらに、テキストがもらえます。

新規申し込みをすると、テキスト冊子無料クーポンが5冊分もらえます。

スタディサプリには動画授業に対応した書き込みテキストがついています。PDFでの閲覧やダウンロードして印刷をすることもできますが、テキストがあったほうが断然便利で学習も捗ります!

通常1冊1,200円のテキストが5冊(合計6,000円分)もらるのでお得♪

テキストクーポンの注意点
  • お支払者(サポートWeb)の登録メールアドレス宛に、テキスト冊子無料クーポンのご案内メールが届きます。受信メールを必ずチェック。
  • テキストクーポンコードは1回のみ利用でき最大5冊。クーポンを利用して3冊しか購入しなかった場合、2冊分の権利を失ってしまいます。
  • テキストクーポンには利用期限があります。

2021年2月スタディサプリ中学講座のキャンペーン

中学生講座対象

ー ベーシックコース ー
2週間無料体験
テキスト5冊分のクーポンがもらえる

ー個別指導コースー
2週間無料体験
テキストや単語帳などのSTARTセット

スタディサプリ中学講座 ベーシックコースのキャンペーン

スタディサプリ中学講座では、クレジットカードの支払い登録で14日間の無料体験を利用することができます。

2週間無料体験の注意点
  • 継続利用しない場合には、2週間の期限が来る前に有料会員の登録を解除すること(退会方法

さらに、テキストがもらえます。

新規申し込みをすると、テキスト冊子無料クーポンが5冊分もらえます。

スタディサプリには動画授業に対応した書き込みテキストがついています。PDFでの閲覧やダウンロードして印刷をすることもできますが、テキストがあったほうが断然便利で学習も捗ります!

通常1冊1,200円のテキストが5冊(合計6,000円分)もらるのでお得♪

テキストクーポンの注意点
  • お支払者(サポートWeb)の登録メールアドレス宛に、テキスト冊子無料クーポンのご案内メールが届きます。受信メールを必ずチェック。
  • テキストクーポンコードは1回のみ利用でき最大5冊。クーポンを利用して3冊しか購入しなかった場合、2冊分の権利を失ってしまいます。
  • テキストクーポンには利用期限があります。

スタディサプリ中学講座 個別指導コースのキャンペーン

スタディサプリ中学講座個別指導コースでは、14日間の無料体験を利用することができます。

2週間無料体験の注意点
  • 継続利用しない場合には、2週間の期限が来る前に有料会員の登録を解除すること(退会方法
あわせて読みたい
スタディサプリ中学講座 個別指導コースとは?公立高校受験対策にも!
スタディサプリ中学講座 個別指導コースとは?公立高校受験対策にも!スタディサプリは小学校4年生から大学受験まで学習ができるオンライン教材です。オンライン教材の良いところは、「自分の予定に合わせて勉強ができる」ところです。特に...

また、授業テキストなどがセットになったSTARTセットがもらえます。

STARTセットの内容

教科書別『必修英単語帳』
・英数『理解度チェックテスト』
・英数『高校受験理解度チェックテスト』(中3のみ)
・『【復習講座】中3英語・数学(中1・2年分総復習)』(中3のみ)
・『【英語】高校受験基礎固め 英単語トレーニング』(中3のみ)
・『【国語】高校受験基礎固め 漢字トレーニング』(中3のみ)
・『【数学】高校受験基礎固め 計算トレーニング』(中3のみ)
・『【理科】高校受験基礎固め 理科用語トレーニング』(中3のみ)
・『【社会】高校受験基礎固め 社会用語トレーニング』(中3のみ)
(お使いの教科書によっては『必修英単語帳』が無い場合があります)

・テキストクーポン4冊分(テキスト冊子が無料で注文できるクーポンコード)

・点数アップに役立つ『使い方BOOK』

2021年2月スタディサプリ高校講座のキャンペーン

高校講座対象

ー ベーシックコース ー
2週間無料体験

ー合格特訓コースー
2週間無料体験

スタディサプリ高校講座 ベーシックコースのキャンペーン

スタディサプリ高校講座では、クレジットカードの支払い登録で14日間の無料体験を利用することができます。

2週間無料体験の注意点
  • 継続利用しない場合には、2週間の期限が来る前に有料会員の登録を解除すること(退会方法

スタディサプリ高校講座 合格特訓コースのキャンペーン

スタディサプリ高校講座合格特訓コースでは、14日間の無料体験を利用することができます。

2週間無料体験の注意点
  • 継続利用しない場合には、2週間の期限が来る前に有料会員の登録を解除すること(退会方法

スタディサプリを始めるならキャンペーンを利用しよう!

2021年2月もお得なキャンペーンが実施されています。

オンライン、リモート授業が当たり前となりつつありますが、対面授業ではないからこそ自分にあった講師陣による授業に出会えるかどうかはとても大切です。

映像授業の学習ツールは多くありますが、まず実際に使ってみてあっているかどうかを確認する必要があります。

スタディサプリは2週間無料。

利用を開始しても、ベーシックコースなら月々1,980円なので授業や塾の補完としてもおすすめです。

もちろん、スタサプだけでもOK♪大学受験まで乗り切るお子さんも多いんですよ。

スタディサプリの特徴は?

小学4年生から大学受験までカバーするスタディサプリの特徴

  • 神授業が月々1980円で受け放題
  • 学年にかかわらず小学4年生から大学受験まですべての講座を視聴することができる。
  • 必要に応じて、個別指導コース、合格特訓コース、スタディサプリ特別講習が利用できる

スタディサプリは神授業が月々1,980円で受け放題

スタディサプリは講義式の映像授業です。

その講義を担当するのは、様々な予備校や塾の人気講師の先生たち。

誰もがわかる説明、面白い授業展開で学校の授業では分からなかったところが分かった!より理解が深まった!という声も大きいのです。

さらに、講義は何度でも繰り返して視聴できるので、わかるまで何度も繰り返し視聴することができます。

小学4年生から大学受験まですべての講座を視聴できる

スタディサプリは小学4年生の内容から大学受験の内容まで幅広く講義が用意されています。

登録をするときに、学年などは登録をしていきますが、登録をした学年に関わらずすべての授業を視聴することができます。

学校の授業の予習として利用している場合は、学年に関わらず先の学習内容を進めることができます。

復習として利用する場合も他学年の授業も制限なく利用ができるので、わからないところ、再度確認をしたい内容の講義を視聴することもできます。

スタディサプリの個別指導コース、合格特訓コース

スタディサプリは講義形式の学習ツールです。

講義はビデオとなっているので、いつでもどこでも自分の都合に合わせて学習を進めることができます。

自分で計画を立て、学習を進められるなら上手に使える!!

どのように学習を進めれば良いかわからない子、質問をしたいのにできないのが困る。というのがスタディサプリの最大の欠点です。

その欠点をカバーしてくれるのが、個別指導コースと合格特訓コースです。

個別指導コース

個別指導コースは中学生講座に用意されています。

ベーシックコースの映像授業に加え、担当コーチや科目サポーターによる勉強スケジュールや理科移動チェックの指導を受けることができます。

あわせて読みたい
スタディサプリ中学講座 個別指導コースとは?公立高校受験対策にも!
スタディサプリ中学講座 個別指導コースとは?公立高校受験対策にも!スタディサプリは小学校4年生から大学受験まで学習ができるオンライン教材です。オンライン教材の良いところは、「自分の予定に合わせて勉強ができる」ところです。特に...

合格特訓コース

特に高校生の場合、選択科目や志望校によって受講するべき講座が変わってくるのでどの講座を受けたらよいか、どのようなペースで進めるべきか。という計画を一人で立てるのが難しいところがあります。

スタディサプリ高校講座の合格特訓コースでは、ベーシックコースに加え、担当のサポーターによる学習プランや個別指導、質問対応などが用意されています。

あわせて読みたい
スタディサプリ高校講座で質問ができる?!合格特訓コースとは
スタディサプリ高校講座で質問ができる?!合格特訓コースとはスタディサプリは小学校4年生から大学受験まで学習ができるオンライン教材です。月々の費用はたった1980円(税抜き)現在の学年に関わらず小学4年生から大学受験までど...

スタディサプリ特別講座

スタディサプリ特別講座は大学受験目前に控えた高校生や自学習を進めるなどが対象となります。

春、夏、秋、冬と開講期間があり、その時期に応じた特別講座となっています。

1講座4,980円~となっています。

スタディサプリまずは2週間無料体験をしよう!

スタディサプリのキャンペーンとスタディサプリの特徴を紹介しました。

スタディサプリは一流講師陣の神授業がひと月たった1,980円で利用ができ、多くの受験生から広く支持を受けている学習ツールです。

スタディサプリ一本でいくのもよし、塾との併用でも活用できますね。

スタディサプリに限らず、学習教材、予備校、塾すべてが合う合わないは個人差があり利用してみないとわからない。という点あります。

スタディサプリでは無料体験ができるようになっていますので、この期間を上手に利用をしてスタディサプリってどんなものなのか試してみましょう!

スタディサプリのキャンペーンを利用すれば通常の登録よりもお得に利用を開始することができます。

まだ試していない方はぜひ体験してくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる