2021年2月のキャンペーン情報はこちら

つるかめ算をわかりやすく解説!スタディサプリなら小学4年生応用で

小学4年生の算数で学ぶ特殊算である『つるかめ算』を解説します。

つるかめ算はつまづいてしまう子も多い内容です。

早めにしっかり身に着けていきましょう。

スタディサプリでは小学4年生の応用講座でつるかめ算の応用授業が用意されています。

動画授業のほうが断然わかりやすいです!

目次

つるかめ算とは?

つるかめ算とは、つるとかめの足の数の和と頭の数がわかっているとき、それぞれ何羽(何匹)いるか求める問題です。

解答を導き出すには、どちらか一方(つる又はかめ)だけと考え、実際の数との差に着目して解いていきます。

つるかめ算の例題

つるとかめが合わせて20匹(羽)います。足の本数を数えると70本ありました。

つるは何羽いますか。

つるかめ算の解答例

つるとかめが合わせて20匹(羽)いるのですが、つるだけがいると考え実際との差を求めます。

つるかめ算は「置き換えて考える」のがポイントです。

つるかめ算は図解で分かりやくするのがポイント

複雑なつるかめ算を求める場合でも、線分図を書くことで理解しやすくなります。

より複雑なつるかめ算はわかりやすいカリスマ講師たちの授業が受けられるスタディサプリで確認をするのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる